にゃうわんのひとりごと

可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます↓http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます

http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
カヅラカタ歌劇団 ロミオとジュリエット

カヅラカタ歌劇団 ロミオとジュリエット

ロミオ役の近藤君。
彼は特にいろいろ上手すぎた。
来年の東宝のロミオとジュリエットの
3人目のロミオにキャスティングされても
全然大丈夫 それくらいのロミオでした。
大丈夫どころか本物のロミオさんたちよりも
歌がうまかった。声質もよかった。
1789ですごく朗らかな周りの雰囲気を明るくする人がいるなー
と思っていたらそれが近藤君でした。
柔らかくて優しそうでおおらかそうで
そのお人柄がロミオぴったり。
でもダンスはとてもシャープでやっぱり基本がしっかりできている。
これだけでも完璧なのに 歌まで上手い。
今でもすでにこんななのに まだまだのびしろを感じられた近藤ロミオでした。

八木君のジュリエット。
エリザベートの子ども時代のルドルフで
まずかわいらしさにびっくり。
そして「舞台に立つ」ということをものすごく理解している人なんだろうなと思い
ずーっと楽しく拝見させていただいているのですが
今回のジュリエット 感情の起伏がしっかり伝わってきて
とても素敵なジュリエットでした。
さすが。の一言。

阿部君のティボルト。
ロミジュリをすると八木君のご挨拶で知ってすぐに
あ。。ティボルトは阿部君だろうなあと思っていたのですが
熱い熱いまっすぐなティボルトでした。
阿部君がティボルトだからこそ 近藤君のロミオがさらに素敵に見える。
阿部君の存在がさらにカヅラカタロミジュリの厚みを増していた気がします。
それにしても彼 甘く繊細なルドルフも そして気品漂うフェルゼンも
あれだけ似合ったていたのに 今回は真逆に近いティボルト。
ふり幅が広い。 そしてキレッキレのダンスがうまい。
かなりお稽古をしっかりしているんだろうな〜

もう皆さん素晴らしくて全員書きたいのですが
今回 お!っと思ったのが神父様役の前津君。
今までそれほど大きなお役はなかったので 今回が初大役かな。
一番ほほ〜って思ったのは セリフを言う時に
ちゃんと客席を意識して しっかり 「伝える」ということを
されていたこと。(偉そうですみません)
なのでセリフに心を感じ取る事ができてすばらしかったです。
そして歌も然り。この1年で10年分くらい成長された
そんな気がしました。(ほんとに偉そうですみません)

ジュリエットの乳母役の増田君
こんな人が乳母だったら安心だろうなーって思えるような乳母でした。
温かかったです。
ショーのダンスは パっと目に留まるくらいのダンサーさんでした^^

それよりなにより このパンフレットの裏の写真
うたかたの恋ではないですか♡ あーちゃん^^

続く