にゃうわんのひとりごと

可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます↓http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます

http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
フライング サパ

フライング サパ

観てまいりました。 フライングサパ。
休憩入れて2時間50分(ショーは無し)
4月の赤坂アクトの千秋楽を観に行く予定だったので
4か月ぶりになりました。
歌はほぼゼロ。
キキちゃんが小さい声で優しく歌う箇所がちょっとあって
最後のほうに まぁまぁな人数で歌うシーンがあるけど
まかじぇは全く歌わず。まどかちゃんも。

なるほど。
独特の世界観とはこういうものか。と。
演出家の先生が描きたい雰囲気はとっても伝わってきました。
セリフをしっかり聞いていないと 細かいとことかさっぱりわからなくなりそうでしたが
ざっくりと 「こういうことね」という説明は一言二言でできる
そんな内容。
最後のほうのまかじぇと まどかちゃんのお父さん役の人の
やり取りでの言葉とか内容にもう少し深みがあったらよかったのですが
個人的にですが えらく浅い内容(表現)のセリフだったので
ここを何とかしたら もう少し心に響くのに〜と。
そんな感じで終わったフライングサパ。

今日からこっちゃんも20日まで公演中止になり
ゆずかれーちゃんも。
唯一まかじぇのとこだけ無事。
嬉しいとかそういうのより まかじぇの顔を見れて
ホっとしました。 ほんとにホっとした。
かっこいいのに癒しパワーがすごいなあ。

最後のご挨拶では まだまだ目まぐるしく変わる日常ですが
夢を追いかけて一歩一歩進んでまいりたいと思いますみたいな
ことをおっしゃっていました。

それにしても 終演後 ブロックごとに退場をお願いされているのに
勝手に出ていかれる方たち
休憩時間でも 「おしゃべりはお控えください」と目の前で
言われているのに しゃべり続ける方たち
立ち位置のシールが貼ってあるのに そんなの関係なく
すぐ後ろに並ぶ人
すべてご年配の女性の方たちでした。

ただ開演5分前のあの静寂は2度と忘れないだろうと思うほど
静けさが漂っていました。

暑い中 消毒液を前に置いて フェイスシールド
マスクで チケット受け渡ししてくださった代表さん
本当にありがとうございました。
野菜が盗られた

野菜が盗られた

1週間ぶりに畑に行ったら(ずっと雨だったため)
収穫間近の大きく美味しそうに育っていた
プリンスメロンが5つと
白いカボチャが1つ 無くなっていた。
動物なら その辺にメロンの皮とか種が
落ちているはずだけど 何もない。
ということは 誰かが勝手に畑に入ってきて盗ったのだろう。

それと イチジクの枝も折られていた。
枝を見ると まだ折られてすぐっぽいので
これはハクビシンかもしれない。(近所の人もたまにハクビシンにおられるらしい)
イノシシ用電気柵を付けているけど
どうやらハクビシンは飛び越えられるらしい。

近所のおばあちゃんに聞くと
うちの下の畑の人は スナップエンドウを全部盗られていたこともあり
おばあちゃんはカリフラワーを
ちょっと離れたところの人もたまに盗られるらしい。

治安は良い場所のはず。 知らない人もあまりいないような場所だから
道路沿いの畑を見て サっと盗って車で逃げたのだろう。

その証拠にネットの中にしっかり入っているスイカは全て無事だった。
プリンスメロンはネットの中に入らなくても
手を伸ばせばとれる位置にあった。(かぼちゃも)

すごくイヤな気分になった。


野菜 果物を盗った人へ。

あなたが盗ったその食べ物を
一番大切な人に笑顔で食べさせる事ができますか?
名古屋ブルーノート

名古屋ブルーノート

大好きな名古屋ブルーノートが
廃業すると決まりました。
こじんまりした 温かみのある空間
スタッフさんもとても感じがよく
大好きなアーティストさんを
いつも目の前で楽しませていただいていました。
今まで出演された方の写真 
その日のアーティストさんのイメージに合わせたカクテル
壁に飾られた楽器たち
あの空間にいると ホっとして
とても落ち着いて ほんとにほんとに大好きなブルーノートだったのに。
1つ1つの出来事 そのすべてが心を温かくさせる
そんな思い出を作ってくださった名古屋ブルーノート。
ただただ感謝の気持ちしかありません。

名古屋は良い劇場がどんどん無くなっていく。
大好きな場所だけど
人の気持ちに寄り添える空間が
どんどん無くなっていく。
大好きな場所だけに
虚しさが増す。

前回のつぶやきにお返事くださった方
本当にありがとうございます。

優しすぎたから 真面目過ぎたから
だからこそ 気づかなくてもよい
見なくてもよい小さなことをいっぱい吸収してしまって
それが蓄積されて 
生きる
という選択ができなくなられたのか。
ただただ悔しいです。
これからもずっと私の記憶の中に。
思い出す地球ゴージャス

思い出す地球ゴージャス

赤坂ACTや名古屋で拝見した地球ゴージャス。
子どもの頃から大好きな人が出ておられたので
観に行ったら 初めて観た三浦春馬君のうまさにくぎ付けになりました。
ダンスシーンで 段差から落ちてしまって
一瞬ヒヤっとしたのですが 落ちてる途中でも
共演者を見て 照れ笑い 起き上がったら 何もなかったように
また踊りだす。ダンスも芝居も歌もできる。
この人すごいなあと。
次にキンキーブーツが上演されるときは絶対観に行くって
決めていたのに。
そういうとこからは一番遠い人の気がしていたのに
もういらっしゃらないなんて。
もう舞台で会えないなんて。
劇場でクラスターって

劇場でクラスターって

新宿の劇場でクラスターが発生したけど
ホストまがいの舞台 演出と言われている作品と
舞台の厳しさをちゃんと知っている人たちが作っておられる舞台
劇場と 正直一緒にしてもらいたくない。
この舞台では 今の時代ではありえない客席降りもあったと
ネットで書いてあるのを見たのだが 本当なのか。
本当だとすれば甘すぎる。バカすぎる。
こういう演出をした人もありえないし 許可した側もあり得ない。
こんな人たちのせいで ちゃんとした人たちが迷惑を被るなんて
ほんとにばかばかしい いい加減にしてほしい 

こんな事を書いていて思い出したのだが
10年くらい前だろうか。
ちゃんとしたミュージカルの舞台に芸人さんが出ていて
その千秋楽の1回目の公演に その芸人さんが突然自分の
婚約者を舞台に上げたというハプニングがあった。
私は大千秋楽を見ていたのだが(その1回目の公演の次の公演)
なかなか舞台の幕が開かず 15分後くらいにようやく幕があいた。
その直後知った事だが 「舞台は神聖な物なのに ノリで婚約者を舞台に上げるなんて」と役者さんが訴えらえたから 幕があがるのがちょっと遅くなったらしい。
(裁判で訴えるとかじゃなく プロとしての気持ちを訴えた)
確かにその時 ブログでその役者さんはちゃんと 舞台とはこういうものだ
と書いておられました。
ごもっともだ。
そのころからか テレビで売れなくなった人が舞台に出るということが
一時期頻繁に起こり 「舞台をバカにするな」と私もイラっとしたことがある。
最近は見る側の目も肥えてきたからか そういう事も
少しずつ減ってはきたのかな〜と思うのですが
この新宿の劇場の件を知り またムカムカしてしまいました。
宝塚も出待ち入待ち禁止しているのに(出演者 ファンの感染防止のため)
新宿のこの劇場のファンは出待ちまでし サインをしていた出演者もいるんだってね。

バカか。

これこそちゃんとした役者舞台関係が団結して
新宿のクラスターを起こした劇場関係者を訴えるべきなのでは?と思いました。
おしまい。
ほんとならエリザ

ほんとならエリザ

今日は ほんとなら御園座で
エリザベートを観ていたはず〜
先月の今ごろは梅芸でエリザを観ていたはず〜
舞台を観れなくなって そろそろ4か月。
フェイスシールド 顔面マスクでもなんでもするので
美しいあの方のお顔 美声を堪能させてください。
上手くいけば 7月お江戸。
あぁ お江戸。なにとぞお江戸に。。。
私信 カプ夫さんへ ザンネンなお知らせ

私信 カプ夫さんへ ザンネンなお知らせ

掃除機をかけていたら カーブを曲がったところで
突然 息絶えてしまわれました。

なので 近くのまぁまぁ大き目の電気屋さんに行きました。
でも さほど種類が豊富じゃなく
ピンとくるものがなかったので
ちょっと遠いけど もう1軒別の 結構大きめの
電気屋さんに行きました。
そしたら3か月ぶりくらいに 不織布のマスクを売られているのを見て
まずそこで目が釘付けになり 価格に驚き(10枚900円くらい)
クリーナーコーナーへ。

掃除機にはあまりこだわりがないので
(重くなくて 音がうるさくなくて 500wくらいあればよい)
3周くらい掃除機コーナーを回る。
すると すこーしずつ店員さんが近づいてこられ(3人)
そのうちの1人 スケートの羽生ゆずるさんにそっくりな雰囲気の方が
にこにこしずかーーに説明してくださる。
なので
「重くなくて うるさくなくて 500ワットくらいのが欲しい」というと
おっとりゆっくりゆったりニコニコしながら
「それだと これは要らないですね〜 これかこれで十分ですね〜」と
説明をしてくださり
買って来ました。
掃除機全体の価格が上がっているみたいで
前の掃除機の2倍くらいの価格でしたが
ものすごく軽くてびっくり。

で 掃除の続きをすると 以前のよりも小さくて静かなのに
2mくらい離れて見守るボンちゃんと
興味津々のちびっこ。
サイゴンが エリザが バカな人たちが

サイゴンが エリザが バカな人たちが

エリザの東京のチケットをお願いし忘れ 自力で取らなくてはいけなくなり
いっくんの日に落ちまくり 大阪 名古屋(両方古川君)は無事取っていただいたのですが
絶対見る!と決めていたサイゴンのチケットを
エリザ疲れで ずーーっと取らずにいて
で やっと昨日 チケットをベストキャストで取ったのに
本日夕方 その公演も中止と連絡が来てしまいました。
まさかの夏の公演まで中止。

この間 ニュースで 「人が少ないから」とご高齢の人がお花見に行ったのを見て
なんて馬鹿な!とあきれていたのですが
昨日ニュースで 人が少ないからと お花見に行ったご高齢の人がコロナに感染したと
知りました。 厳しい言い方ですが 自業自得だ。

そろそろいい加減 そういう身勝手な行動が 人の命を脅かすということを
ちょっと もうちょっと なぜ真剣に考えられないんだろう

あれだけ感染対策をしっかりしている病院でも 
休憩室で感染が広がっていたり
警察の訓練でも。。
感染対策のプロでも一気に広がっているのだから
それ以外の私たちは いつ感染してもおかしくない状況
日本人はマジメだと思っていたのですが
一部の本当に大馬鹿な人たち(自分は大丈夫と思っている人)によって 
感染が広がっている

買占めに関しても
日本人は二面性があると言われました。
ちゃんと列には並ぶ きっちりマナーは守る(人が比較的多い)
でも 危機感感じると 自分だけ助かろうと買占めが起きる

なぜじっとしていられない。(どうしても避けられない用事は別として)
スマホスマホスマホ とスマホがなければ生きていけないとか言うのであれば
家の中でスマホ見てたら 生きていけるでしょ
と思います。
やっと ミスサイゴン

やっと ミスサイゴン

12日に観る予定だった ゆずかれーちゃんのお披露目
14日の明治座のチェーザレ
15日の赤坂actのまかじぇの千秋楽
15日の名古屋のブルーノートのナベサダさん
17日のずんちゃんの梅田

全部中止になりました。 仕方がない。
とにかく生きるための最小限の行動をするのみ。

で ことごとく落選していたいっくんのエリザ疲れで
まったくチケットを取る気力がなかったミスサイゴン
やっと 取りました。 あちこちの劇場で完売だったのですが
大好きなオーバードホールのをゲット。
ずーーっと オーバードホールでサイゴンを観るのが夢だったので
やっとやっと叶いそうです。

そして そのころにはいろんな事が落ち着いていますように。
ついにチェーザレが

ついにチェーザレが

ついに観に行く予定だった明治座のチェーザレまで中止になってしまいました。
ものすごくいい席で 明治座初のオケボックス仕様だったのに。
ショックすぎたのですが 中止になったことを劇場のホームページとか
メールとかで知るのじゃなくって
すぐに知らせてくださった大好きな出演者ご本人様からの情報だったので
まだちょっとなんとか あれくらいの凹み加減で済んだ。
すぐに知らせてくださってありがとうございます。

これで観に行く予定だった4月の舞台6作品中
4つ無くなってしまった。

けど 仕方ない。

いろいろ心配だから博多座のエリザ 
チケット押さえておこうかな。。。

出演者 スタッフの方々が安心して上演できる日が
一日も早く訪れますように。