にゃうわんのひとりごと

可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます↓http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます

http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
耕運機で切った足その後

耕運機で切った足その後

覚書
2019年3月20日夕方に耕運機の歯が
右足を貫通して 皮下脂肪が2か所飛び出て
びっくりして そのまま17時前に病院に行って
6針縫ってもらって
3月22日にもう一度病院行って(塗った後を見るため)
若い外科の先生が
ほんとはもうちょっと乾燥してからのほうがいいんだけど 言いながらも
なぜかその日 27日に抜糸して
4月元気いっぱいすごして
5月1日に 切ったところがプクっとなっているのでもう一度病院に行って
休日だったので 整形外科の先生がいらして(いつもは普通の外科の先生)
ちょっとだけ残っているカサブタから麻酔無しでピンセットを皮膚の中に
突っ込んで チェック。大量に消毒もしてくださる。
あ。別に痛くもなんともありません。
その時に皮膚がくっついていないと判明。
で 次の日 外科の先生が見てくださる。
(休日の17時なのに普通に見てくださった。なぜかお金は 今日はいいです と。
大きな総合病院です)
炎症は起こしてないとのこと。
くっついてない皮膚を中身にくっつけるには
また2センチくらい切って 耳かきみたいなやつで
中身の表面をガリガリ削って(これは麻酔あり)
圧迫して くっつける という方法をとるとのこと。
この日も カサブタのところからグイっとチューブを突っ込み
くっついてない部分を確認。

5月7日 再び来院。
2日にカサブタからグイっとチューブを入れられたけど
化膿もしてない 現状維持なので
しばらくこのまま様子を見ようと。
今 また2センチほど切って 中をグリグリすると
化膿する可能性もある。 今問題ない状態で新たに傷をつけたくないと。
なるほど。
赤くなったり 腫れたりしたら すぐに病院に とのことで
とりあえず このままになりました。

もしかしたら違う病院に行かないといけない可能性もあるので
その時の外科の先生が
「手紙書こうか? 自分でちゃんと説明できる?  」とおっしゃったので
「説明できる」と答えたら お手紙(紹介状)はナシになりました。

顔がパンパンに腫れて(アレルギー)同じ病院に行った時の
皮膚科?の先生はまともに見もせず
「原因確かめたければ また同じのを使えばいい」と
バカな発言をされ
「医者やめろ。。」と心の中で思ったくらい最低な医者だったけど
今度の外科の先生はこの間の整形外科の先生も含め
ちゃんとしてそう。
(ひどいアレルギーは また同じのを使うと 最悪命を落とす可能性があります)

痛くもなんともないので
このまま落ち着いてくれたらうれしいなあ。