にゃうわんのひとりごと

可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます↓http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
可愛いすぎるニャンコのブログも書いてます

http://kyawaiineko.blog10.fc2.com/
新歌舞伎座 1789

新歌舞伎座 1789

1789 宝塚の初演は東京宝塚劇場で
東宝の初演は梅芸で拝見したのですが
今回は新歌舞伎座。
出演者の方が 「客席がとっても近い」とおっしゃっていましたが
先日閉鎖された中日劇場のように客席と舞台がくっついているくらいの
近さではなく 人が一人歩いて通れるくらいの幅がありました。でも
帝劇とか博多座とかと比べると ものすごく近い。

初演キャストは 加藤君 ねねちゃん おうきさん
今回は     加藤君 さやかちゃん おうきさん
ロベスピエールの古川君はM!があるので 違う方に変更。

初演を拝見したとき 歌とか台詞で声が加藤君の声がすごく上ずるのが
気になってたけど 今回は 別人か!と思ったくらい
発声もお歌の技術もアップされていて 苦手 と思っていた初演とは違い
大好きなロナンになりました。 お人柄の良さがそのままロナンに出ていました。
もいっかい見たい加藤ロナン。

さやかオランプ たまーに セリフを言っている時に 
あまり血が通ってないような 心とか気持ちとかを感じられないような
クールさを感じ取ってしまう。
この人が演じる上で一番大事にされておられることってなんだろう。

おうきさんのアントワネット 初演より今回のほうが
アントワネットとしての温かさ 愛情深さが伝わってきて
とても素敵なアントワネットでした。
税金をいっぱい使って贅沢するから 市民から嫌われているアントワネットだけど
そういう環境で育ってしまったから それが当たり前 そういう育ちをしてしまったから
仕方ない でも嫌味がない。 そんなアントワネットでした。

岡幸二郎ペイロールは歌い方も一部変えておられ
ますますコワイ。 いらっしゃるだけで迫力がありすぎる。
うますぎる。

上原君も歌うまさん。 でもこの人の舞台を観るたびに
いつも全力全開すぎるので もうちょっと引き算を・と思ってしまい
歌も1曲でもう十分 と思うのですが この舞台では大ソロが1曲なので
ちょうどよかった^^

1789のアンサンブルさんたち ダンサーさんの技術も
あのサイゴンのドラゴンダンサーさんたちよりも 技術は上を行くのでは
と思うくらい ほんとに素晴らしい。 呼吸するのを忘れてしまうくらい
すばらしい。 同じ人間か と思うくらい素晴らしい。